共有不動産売却を一人の意思で決めるのは難しい

共有不動産を持つメリットとデメリット

不動産はとても高価なので、複数人で1つの不動産を共同で購入することができるようになっています。
これを共有不動産と呼びますが、共同で購入するとメリットとデメリットが生まれてきます。メリットは何といっても1人当たりの負担が少なくなる点です。
複数人で購入する共有不動産は1人当たりの負担も少なくなるので、ローンを組みやすくなるでしょう。親族がなくなって複数人で相続することによって共有不動産になることもあります。
デメリットとして挙げられるのが、もし売却をしようと思った時、一人では決められなくなってしまう点です。
共有不動産ではどの部分を占有するなどの取り決めはなく、割合で決められます。
そのため部分的な売却はできず、共有不動産を所有している全員が売却に同意しなくてはなりません。
一人でも反対している人がいたら取引を成立させることはできないため、説得が必要になります。共有不動産は親族で持つことが多いため、親族間のトラブルに発展するケースもあります。

共有不動産を売却したいと思ったら


共有不動産は全ての所有者の同意が得られない限り、まるごと売却することはできません。
しかし自分が所有している部分を売却する、他の人が所有している部分を買い取るなどして処分を進めることは可能です。
他の所有者の中に自分の所有部分を買い取ってくれる人がいたら、売却しても良いでしょう。
ただし購入できるだけの資金を持っている必要があるため、他の共有者の財力に左右されます。
自分の所有部分を第三者に買い取ってもらうことも可能ですが、権利行使の制限がかかってくるので、通常よりも価格は安くなってしまう可能性は高くなります。
他の共有者が所有分の売却に同意してくれる場合は、自分で買取をして個人の不動産としてひとまとめにしてから売却しても良いでしょう。
他の所有者が売却に応じる必要がありますが、部分的に第三者に売却するよりも価格も高くなる可能性があります。
一度買い取るだけの資金力も必要になる点に注意が必要です。

まとめ

共有不動産は単独で購入する不動産よりも取得しやすく便利な仕組みですが、処分をしようとしたときに揉める可能性があります。
所有者の人数が多くなればなるほど話はまとまりにくくなるので、不動産を所有するときにはメリットとデメリットがあることに注意し、処分方法まで検討してから決めると良いです。
先祖の土地を相続していく過程で所有者が多くなっていくこともあるので、いざというときに互いに連絡が取れるような関係性を維持していくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。