共有名義不動産を売却するまでの手続き

共有名義不動産は売却するのが難しい

普通の不動産は所有者が好きなタイミングで自由に売却することができますが、共有名義の不動産の場合は簡単に売却することができないです。
共有名義の場合は一人で不動産を所有しているのではなく、複数人で不動産を一緒に共有している状態になりますから、当然ながら全ての人に不動産の権利が発生します。
不動産全体を売却する場合は最初に権利者同士で集まったりして、売却をする意思を確認しないといけないです。

誰か一人でも売却する気持ちがなければ、基本的には売ることはできません。
そのため共有名義で持っている人数が多くなると、それだけ意見を一致させるのが難しくなります。
手続きではありませんが、この段階で上手くいかないケースが非常に多いので、最初に意見をまとめることにかなりの時間が必要となる筈です。
手続き自体は意見が一致しているのであれば、業者に相談をすることでスムーズに売却をすることができますから、そこまで問題にはなりません。

いろいろな方法で売却できる


共有名義の不動産は全体的に売却するのは難しいですが、共有持分の自分の持分だけを売却するようなことは難しくないです。
共有名義の不動産を持っている人は、それぞれの権利者に共有持分がありますから、いつでも自由に売却をすることができます。

共有持分を売却する場合も専門の業者に相談をすることで、スムーズに売ることができますから、手続きなどは業者側に任せられますし、必要となることはそのときに業者側から教えてもらえるので、過度に不安になる必要はないです。

基本的には相談をしてしまえば、余程のことがない限りは誰でも売却をすることができます。
業者に売却する以外にも他の共有者に買取をしてもらうようなこともできますが、贈与税などが発生するケースもあるので注意が必要です。
持分割合で分筆をするようなケースもありますが、基本的に土地だけの場合にのみ対応することができる方法になりますし、手続きが複雑になるので専門家のサポートを受けないといけません。

まとめ

共有名義の不動産を売却するには最初に権利者で意見を一致させないといけませんが、仮に意見が一致しているのであれば業者に依頼をすることで手続きは簡単に済ませることができます。
共有名義の不動産を売却する方法はいろいろとあり、共有持分だけを売却するような方法や他の共有者に買取をしてもらうようなことも可能です。
持分割合で土地を分筆するような方法もありますが、分筆をする場合は手続きが複雑になるので時間がかかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。